https://www.jsae-net.org/

バナー広告募集  バナー広告取扱規定 バナー広告募集案内 ホームページ広告掲載申込書

  • 関東支部 科学コミュニケーション部会 セミナーのお知らせ

    関東支部 科学コミュニケーション部会では,下記のようにセミナーを開催いたします。
    ご関心のある方はぜひご参加ください。

    「科学コミュニケーションって何? ―“つたえる・つくる・つなぐ”の概念と実践―」

    日時:
    2021年5月20日(木) 14:00~16:45
    会場:
    オンライン(Zoom)

    プログラム:

    基調講演
    ・科学コミュニケーションの来し方行く末
      古澤 輝由(立教大学理学部)
    話題提供・事例紹介
    ・実施ハードルの高い大気環境教育 ―調査研究スキルの教育活用―
      齊藤 由倫(群馬県衛生環境研究所)
    ・サイエンスカフェの企画と実践 ―対話に向けた場のデザイン―
      須賀 丈(長野県環境保全研究所)
    ・大気汚染をどのように見せるか? ―実感を伴った理解のための工夫―
      長谷川 就一(埼玉県環境科学国際センター)

    詳細はこちら

  • 大気環境学会近畿支部 反応と測定部会 講演会のお知らせ

     大気環境学会近畿支部では「大気粒子の酸化能」をテーマに反応と測定部会講演会を開催致します。
     講演会の参加費は無料です。お誘いあわせの上、是非ご参加下さい。
    詳細はこちら

    テーマ:
    「大気粒子の酸化能」
    日時:
    令和3年5月17日(月)14:00~16:30
    会場:
    Zoomによるオンライン開催

    プログラム:
    (1) 梶野 瑞王 氏 (気象研究所)
    「粒子酸化能と健康ハザードのモデル予測可能性に関する研究開発」
    (2) 鳥羽 陽 氏 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
    「大気粒子及び燃焼発生源粒子の酸化能に対する多環芳香族炭化水素キノン類の寄与」

    参加費:
    無料
    参加申込:
    お名前及びご所属を明記の上、5月13日(木)までに電子メールで下記宛へお申込み下さい。お申し込み戴いた方にZoomの接続先をお知らせ致します。

    大気環境学会近畿支部 反応と測定部会
    亀田 貴之(京都大学)
    E-mail : tkameda[at]energy.kyoto-u.ac.jp ([at]を@に変えて下さい)


  • 第62回年会HPが開設されました

    第62回大気環境学会年会(第4報)

    第62回大気環境学会年会は下記概要の通りオンラインで開催します。多数の会員のご参加をお待ちしています。

    開催概要
    会期
    :2021年9月15日(水)~17日(金)
    開催形式
    :オンライン開催
    年会ホームページ
    こちらへ
    詳細(第4報)はこちら


  • 令和2年度関東支部講演会のお知らせ

    日 時:令和3年5月28日(金)13:00~16:30

    開催方法:
    ムーブ町屋ムーブホール、または、オンライン開催(3月末に決定)

    テーマ:最近の気になる大気環境問題

    プログラム(仮)
    1.
    マイクロプラスチックの現状
    大河内博氏(早稲田大学)
    2.
    石綿に関する現状と大気汚染防止法の改正
    環境省水・大気環境局大気環境課
    3.
    災害による大気環境への影響
    中島大介氏(国立環境研究所)
    4.
    気候変動による大気環境への影響
    永島達也氏(国立環境研究所)

    費 用: 参加費無料(別途資料代を頂く場合があります)
    ※同日(5/28)12:30~13:00に令和2年度関東支部総会を開催します。

  • 大気環境学会 放射性物質動態分科会 公開シンポジウム
    「東京電力福島第一原子力発電所事故による放射能大気環境汚染
     ―これまでとこれから―」開催のお知らせ

    ※詳細はこちら

    1.
    日 時:
    2021年3月20日(土)13時30分から16時30分
    2.
    会 場:
    ビックアイ7F大会議室(福島県郡山市駅前2丁目11番1号)
    *Zoomでの配信を予定しています(申込方法は下記を御覧ください)
    3.
    プログラム:
    ① 鶴田治雄:放射性物質の大気への放出・拡散の実態
    ② 渡邊 明:放射性物質の大気中濃度,降下量の変動
    ③ 篠原直秀:放射性物質による屋内汚染
    ④ 大原利眞、反町篤行:放射性ヨウ素による呼吸由来被ばくの実態
    ⑤ 梶野瑞王、森野悠:放射性物質の輸送・沈着モデルの進化と有用性
    ⑥ 井上智博:自治体の取り組みと今後の課題
    ⑦ 総合討論
    4.
    参加費:会員、非会員ともに無料
    5.
    Zoom配信について:
     会場は感染症対策のため入場者数が1/2(80名)に限定されています。このためZoom配信を予定しています。参加希望の場合には、お手数ですが3月15日までにtohara[at]nies.go.jp([at]を @ に変えて下さい)までe-mailをお送り下さい。
  • 大気環境学会 中部支部
    公開講演会・支部総会(オンライン会議)開催のおしらせ

    ※詳細はこちらの中部支部ホームページをご参照下さい。

    1 期 日:
    2020年12月22日(火)
    2 会 場:
    zoomを用いたオンライン会議として開催
    3 時 間:
    公開講演会  15:00~16:20
    中部支部総会 16:25~17:30

    4 公開講演会
     主 催  大気環境学会中部支部
     参加費  無料(参加登録すれば非会員も参加可能です)
     15:00~15:40 星 純也 (東京都環境科学研究所)
      PRTRと有害大気汚染物質モニタリングデータを用いた地域環境改善状況の検証
     15:40~16:20 唐澤 正宜 (豊田中央研究所)
      愛知県長久手市におけるPM2.5主要成分濃度の長期観測

    ◆参加申込先:(会員・非会員ともに事前申し込みが必要です)
     大気環境学会中部支部事務局長  山神 真紀子
     E-mail: yamagami_m[at]nifty.com([at]を @ に変えて下さい)


  • 第61回大気環境学会年会のお知らせ(第5報)

    大気環境学会誌55巻4号にも掲載の通り、第61回年会の詳細が確定いたしました。第5報にてお知らせをしておりますので是非ご一読いただけますようお願いいたします。誌上発表に加え、自主的にオンライン形式で開催される特別集会・分科会もございます。詳細につきましては以下をぜひご参照くださいますようお願いいたします。
    詳細(第5報)はこちら
    年会ホームページはこちら


  • 第61回大気環境学会年会のお知らせ(第4報)

    第61回大気環境学会年会は、長野県松本市での年会開催に向けて準備を進めておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、誌上開催とすることを決定しました。誌上開催にあたり、現時点で決まっている開催方法について示しますが、今後変更等が生じる場合は、遅滞なく年会HPで発表しますので、ご確認ください。詳細はこちら
    年会ホームページはこちら


  • 令和元年度関東支部講演会中止のお知らせ

    新型コロナウィルスの感染蔓延を考慮し、残念ですが、令和2年6月12日(金)に予定しておりました令和元年度関東支部講演会は中止いたします。


  • 大気環境学会近畿支部 気象拡散部会講演会 中止のお知らせ

    4月17日に予定しておりました大気環境学会近畿支部・気象拡散部会の講演会は、今般の新型コロナウイルス感染拡大防止のため,開催を中止させていただくこととなりました。
    参加を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけする事となり,誠に申し訳ございません。
    何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    本件についての問い合わせ先
    大気環境学会近畿支部・気象拡散部会
    山本 浩平(京都大学);yamamoto[at]energy.kyoto-u.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)


  • 大気環境学会近畿支部 反応と測定部会 講演会中止のお知らせ

    4月27日に予定しておりました下記講演会につきまして、今般の新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を中止させていただくこととなりました。

    大気環境学会近畿支部 反応と測定部会 講演会
     テーマ:「大気粒子の酸化能」
     日時:令和2年4月27日(月) 14:30~17:00
     会場:大阪府立大学 I-site なんば2階S1会議室
     次回開催日:未定

    ご参加をご検討いただいた皆様にはご迷惑をおかけする事となり、誠に申し訳ございません。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
    本件問合せ先
    大気環境学会近畿支部 反応と測定部会
    亀田 貴之(京都大学)
    E-mail:tkameda[at]energy.kyoto-u.ac.jp([at]を@に変えて下さい)


  • 「大気環境未来60」募金の終了

    本会設立60周年を機に大気環境問題の解明改善に対する取組みを一層推進するため、小中高生対象の啓蒙活動、大気環境研究に従事する若手研究者育成、大気環境に関する国際交流などを目的とした特別寄付金「大気環境未来60」に多くの企業、多くの会員の皆様方ら寄付金を頂き有難うございました。令和2年3月31日をもって特別寄付金の公募は終了と致します。
    昨年度から、この特別補助金「大気環境未来60」で、上記目的に沿った助成を実施しています。今年度も助成公募も実施していますので、たくさんの公募をお待ちしています。



  • 「大気環境未来60」事業の次回公募ご案内

    本学会では、大気環境問題の解明、大気環境の保全・改善に対する取り組みを将来に向けて一層強力に推進するため、
     ①小中高生を対象とした大気環境に関する啓蒙活動
     ②大気環境に関する研究に従事する若手研究者育成
     ③大気環境に関する国際交流、特に日中韓交流
    といった事業を継続して公募しております。
    昨年度に引き続き、今年度もぜひ積極的なご応募をお待ちしております。

    • 申込期間:2020年6月1日~6月30日
    • 申請書 :こちらからダウンロードしてください
    • 提出先 :上記申請書に必要事項記載の上、jsae-post[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)
      (学会事務局)宛てにご提出ください。

    ~【ご参考】必見です~

    昨年12月に大気環境未来60「小中高生を対象とした大気環境に関する啓蒙活動」採択事業としてご発表頂きました「高校生による生活環境下におけるPM2.5の測定と評価」につきまして大変素晴らしい内容でしたので下記に掲載いたします。皆様ぜひご覧いただきますようお願いいたします。

    ―「高校生による生活環境下におけるPМ2.5の測定と評価」―



  • 「大気汚染物質と妊婦・子どもの健康影響」講演会中止のお知らせ(近畿支部)

    3月18日に予定しておりました下記講演会について、今般の新型コロナウイルス感染拡大防止のため、急遽開催を中止させていただくこととなりました。

    講演会:
    「大気汚染物質と妊婦・子どもの健康影響」
    日時:
    2020年3月18日(水)14時00分から16時40分
    場所:
    大阪健康安全基盤研究所 森ノ宮センター4階 講堂
    次回開催日:
    現時点では未定

    ご参加をご検討いただいた皆様には大変なご迷惑をおかけする事となり、大変申し訳ございません。
    何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    問合先:
    大気環境学会近畿支部人体影響部会
    水越厚史(近畿大学)
    電話 072-366-0221
    電子メール mizukoshi[at]med.kindai.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)

  • 大気環境学会九州支部総会および第20回研究発表会中止のお知らせ

    2020年3月6日(金)に開催予定の大気環境学会九州支部総会及び研究発表会について、今般の新型コロナウイルス感染拡大防止のため、急遽開催を中止させていただくこととなりました。参加を予定されておられた皆様にはご迷惑をおかけする事となり、大変申し訳ございません。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    本件問合せ先
    九州支部事務局(福岡県保健環境研究所) 山本
    yamamoto[at]fihes.pref.fukuoka.jp([at]を @ に変えて下さい)


  • 第4回「アジア域の化学輸送モデルの現状と今後の展開に関する研究集会」のお知らせ
    日時:令和2年2月21日(金)~2月22日(土)
    場所:九州大学応用力学研究所(福岡県春日市春日公園6‒1)
    趣旨:化学輸送モデルの現状と今後の展開について議論する
    主催:九州大学応用力学研究所(全国共同利用研究集会)
    共催:九州支部、大気環境モデリング分科会
    費用:参加費無料
    講演申込:令和2年1月17日(金)までに下記まで
     鵜野伊津志(九州大学応用力学研究所)
     Tel: 092‒583‒7771
     E-mail: uno[at]riam.kyushu-u.ac.jp([at]を@に置き換えてください

  • 植物分科会全国講演会のお知らせ
    日時:令和元年12月20日 (金) 13:00-16:30
    場所:神奈川県民センター ホール
    テーマ:神奈川県(丹沢)の大気環境と自然
    参加費:無料(資料代500円)
    参加申込:特になし
    問合せ先:渡辺 誠(東京農工大学)
    nab0602[at]cc.tuat.ac.jp([at]を@に置き換えてください)

  • 論文の作成と審査に関する諸課題に対する学会スタンス
    「大気環境学会誌」の科学的価値を高く維持するため、論文の不正および倫理に対するスタンスを決定しました。



  1. 大気環境学会賞受賞候補者の公募について

    学会誌56巻2号でもご案内の通り、来る2021年9月に開催される「第62回大気環境学会年会」において、大気環境学会賞の表彰を行いますので、「大気環境学会の表彰に関する規定」をご参照のうえ、受賞候補者の推薦を下記要領でお願いいたします。

    表彰の対象となる業績
     学術賞(斎藤潔賞)、功労賞(鈴木武夫賞)、進歩賞、技術賞
    推薦に必要な書類等 
     応募要領の詳細につきましては、こちらをご一読ください。
    期限 
     2021年5月31日(月)までに学会事務局あてに送付願います。
    同一名義人による推薦は、表彰の対象となる種類毎に、原則として毎年1件とします。
  2. 令和2年度大気環境学会総会議案書掲載の件

    令和2年度大気環境学会総会議案書を下記の通り掲載いたします。
    令和2年度大気環境学会総会議案書
  3. 正会員各位  令和2年度大気環境学会総会のご案内

    令和2年度大気環境学会総会を下記のとおり開催いたします。なお、今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会員の皆様におかれましては、可能な限り総会への来場はお控えいただき、別途メールでご案内する委任状を提出していただくか、議決権行使書による議決権の行使をお願いいたします。
    1. 日 時 令和2年9月17日(木)11:00~12:00
    2. 場 所 北とぴあ 第2研修室 (東京都北区王子)
    総会の議事内容、正会員様へのご依頼事項等につきましてはこちらをご参照ください。
    令和2年度大気環境学会総会のご案内
  4. 「大気環境未来60」事業の次回公募ご案内

    本学会では、大気環境問題の解明、大気環境の保全・改善に対する取り組みを将来に向けて一層強力に推進するため、
     ①小中高生を対象とした大気環境に関する啓蒙活動
      Ex:大気環境に関する啓蒙を目的とするビデオ作成、
      Ex: 大気環境に関する小中高生を含む市民集会
     ②大気環境に関する研究に従事する若手研究者育成
      Ex:博士課程学生の国際会議発表
     ③大気環境に関する国際交流、特に日中韓交流
    といった事業を継続して公募しております。
    昨年度に引き続き、今年度もぜひ積極的なご応募をお待ちしております。

    • 申込期間:2020年6月1日~7月10日(締切日を延長いたしました)
    • 申請書 :こちらからダウンロードしてください
    • 提出先 :上記申請書に必要事項記載の上、jsae-post[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)
      (学会事務局)宛てにご提出ください。

    ~【ご参考】必見です~

    昨年12月に大気環境未来60「小中高生を対象とした大気環境に関する啓蒙活動」採択事業としてご発表頂きました「高校生による生活環境下におけるPM2.5の測定と評価」につきまして大変素晴らしい内容でしたので下記に掲載いたします。皆様ぜひご覧いただきますようお願いいたします。

    ―「高校生による生活環境下におけるPМ2.5の測定と評価」―

  5. お知らせ:1994年度から1999年度まで大気環境学会長を務められた横山榮二先生におかれましては、昨年10月にご逝去されました。内山巌雄先生(京都大学名誉教授)にご執筆いただいた追悼文を添付ファイルにてご紹介いたします(横山先生追悼文.pdf)。

    横山先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
  6. 事務局移転、及び事務局業務の移管について
    先般ご案内の通り、令和元年7月1日から(株)国際文献社に事務局業務を順次移管しておりましたが、10月末を以て総ての事務局業務の移管を完了し、併せて従来の事務局(新宿区新宿1-29-8公衛ビル)を閉所し新事務局(下記)への移転を完了いたしました旨をご報告いたします。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
    〒162-0801 東京都新宿区山吹町358番地5
     アカデミーセンター (株)国際文献社内
     公益社団法人大気環境学会事務局
     林・古川  TEL:03-6824-9392 FAX:03-5227-8631
     jsae-post[at]bunken.co.jp([at]を @ に変えて下さい)
  7. 学会創立60周年記念事業「大気環境の事典」
    年内、特価販売中です!(締切:2019年12月末日)
    会員に限り、特別価格12,500円(税込)で販売しています。
    下記ウェブサイトまで、直接お申し込みください。
    https://pro.form-mailer.jp/lp/185863ab178650
  8. マイページ(会員管理システム)を開設いたしました
    ①マイページでご提供する主なサービス
    • 会員様情報の閲覧/更新(ご住所、ご所属、メールアドレス等々)
    • 年会費納入状況の閲覧
      ※特に、メールアドレスは電子ジャーナルの配信、総会委任状の送信等、学会から会員の皆様への重要な情報提供手段ですので、必ず最新のものに更新していただけますようお願いいたします。
    ②マイページへのログイン方法
     ログイン画面はこちらです。
     https://iap-jp.org/jsae/mypage/login/login
     先般個別にメールいたしましたお知らせにIDとパスワードが記載されておりますのでご参照ください。

      ご不明な点がございましたらお知らせ下さい。
      jsae-post[at]bunken.co.jp([at]を @ に変えて下さい)
     事務局:林・古川 TEL:03-6824-9392
  9. AJAE誌の冊子体を販売しています。
    年1巻4号の発行です。価格は年間で8,000円です。
    購入を希望される場合は電子メールで事務局(E-mail:jsae-post[at]bunken.co.jp([at]を @ に変えて下さい)までお申込みください。
  10. 電子ジャーナル移行のご案内(メールアドレス登録のお願い!)
    学会誌は第54巻3号から電子ジャーナルに移行しました。
    論文、解説等以外の記事については、メールマガジンによる配信を行います。
    アドレス未提出の会員は、早急にメールアドレスを事務局(E-mail:jsae-post[at]bunken.co.jp([at]を @ に変えて下さい))までお知らせください。
  11.  「大気環境未来60」募金のお願い
    「大気環境未来60」寄付者一覧(9/27更新)

    本会設立60周年を機に大気環境問題の解明改善に対する取組みを一層推進するため、小中高生対象の啓蒙活動、大気環境研究に従事する若手研究者育成、大気環境に関する国際交流などを目的とした特別寄付金「大気環境未来60」を募集しています。
    上記の趣旨にご賛同いただき、ご寄付いただけますようお願い申し上げます。

学会誌のトップページ

お問合わせ先
大気環境学会誌編集委員会
jsae-post[at]bunken.co.jp
([at]を @ に変えて下さい)

論文投稿がオンライン化されました!

入門講座・解説集等のダウンロード販売中です!

第62回年会HPが開設されました

第62回大気環境学会年会(第4報)

第62回大気環境学会年会は下記概要の通りオンラインで開催します。多数の会員のご参加をお待ちしています。

開催概要
会期
:2021年9月15日(水)~17日(金)
開催形式
:オンライン開催
年会ホームページ
こちらへ
詳細(第4報)はこちら

平成30年度 支部役員名簿

分科会からの案内

平成30年度分科会一覧表

研究会からの案内

委員会からの案内

環境省 環境技術実証事業

賛助会員(五十音順)

国立環境研究所調達情報

  1. 第38回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会
    主催 :
    公益社団法人 日本空気清浄協会
    開催日:
    2021年4月13日(火)~14日(水)
    場所 :
    早稲田大学国際会議場
    現在論文募集を行っておりますので、ぜひ多数のお申込みをお願い申し上げます。詳細はこちらをご参照ください。
  2. 令和2年度地球シミュレータ公募課題の募集
    国立研究開発法人海洋研究開発機構では、令和2年度地球シミュレータ公募課題を募集いたします。
    「地球シミュレータ公募課題」は、地球シミュレータ運営基本方針に基づいて、海洋地球科学と関連分野及び産業界等を含む社会に対して地球シミュレータの利用の機会を広く開くものです。
    本募集では若手研究者の育成も重視しており、その趣旨を理解した令和2年4月1日時点で39歳以下、または科学研究費助成事業若手研究の条件を満たす研究者による課題応募を歓迎します。みなさまからのご応募をお待ちしております。

    ■募集締切
    令和2年1月16日(木) 17時必着
    詳細は以下のURLをご覧ください。

    http://www.jamstec.go.jp/es/jp/project/r02koubo-es.html

    問合せ先:
    国立研究開発法人海洋研究開発機構
    付加価値情報創生部門地球情報基盤センター
    ES公募係
    045-778-5770 es_oubo[at]jamstec.go.jp([at]を @ に変えて下さい)
  3. 公開講演会「災害・事故での化学物質リスクにどう対処するか
    -環境研究総合推進費S17課題:災害・事故に起因する化学物質リスクの評価・管理手法の体系的構築に関する研究の成果より-」
    日時:
    令和2年2月21日(金)13:00~17:00(受付開始 12:30)
    場所:
    TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター ホール7
    東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル
    (最寄り駅 東京メトロ東西線日本橋駅A1出口徒歩1分)
    https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-nihombashi/access/
    定員
    345名
    参加費
    無料
    主催
    国立研究開発法人国立環境研究所
    共催
    株式会社堀場製作所、地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
    後援
    大阪府、国立大学法人大阪大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所
    詳細
    http://www.nies.go.jp/res_project/s17/dsstrchmrisk/2019/index.html
  4. 「2020年酸性雨国際会議(ACID RAIN 2020)~未来の環境と多様な大気汚染物質の役割~」がオンライン登録と要旨の受付を開始(本学会共催、2020年10月19-23日開催)
    詳細:添付ファイル参照

  5. IIAE大気環境総合センター特別セミナー
    (本学会共催)
    日時
    ①2019年10月15日
     「大気環境測定の最前線」
    ②2019年11月12日
     「化学物質と大気環境」
    ③2019年12月10日
     「エネルギーと大気環境」
    申込み:大気環境総合センター https://iiae.or.jp/
    詳細:添付ファイル参照、https://iiae.or.jp/information/790/

  6. 日本科学協会主催セミナー「未来をひらく 科学と倫理」
    日時:2019年10月26日
    場所:日本財団ビル2F大会議室
    詳細:https://www.jss.or.jp/ikusei/rinsetsu/ethics/seminar.html

  7. Indoor Air 2020
    日時:July 20 to 24, 2020
    場所:Seoul, Korea
    詳細:http://www.indoorair2020.org/
  8. 15th International Conference on Atmospheric Sciences and Applications to Air Quality (ASAAQ15)
    日時:2019年10月28日~30日
    場所:Corus Hotel(クアラルンプール、マレーシア)

  9. 「2020年酸性雨国際会議」
    日時:2020年10月19~23日
    場所:朱鷺メッセ
    詳細:添付ファイル参照
     
  10. (公社)日本空気清浄協会
     「第36回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会
     当学会が協賛しています。

 

  1. 総合地球環境学研究所 Aakash プロジェクト

    「大気浄化と健康被害改善に向けた住民の日常行動変容に関する研究 :北インドの事例」では、"大気科学とリモートセンシンググループの研究活動に主体的に携わり、農村における藁の野焼きが周囲の地域の大気汚染に与える影響を評価する研究員を1名募集しています。

    大気科学分野またはリモートセンシングの分野において博士の学位を有し、大気科学分野あるいはリモートセンシングの分野における研究経験・研究実績を有する人を募集します。

    応募締め切り
    2021年7月12日(月曜日)17時必着

    応募方法や雇用条件などの詳細はこちらをご覧ください。

    (日本語)
    現在の採用情報
    総合地球環境学研究所 研究部 Aakash プロジェクト研究員
    (English)
    Current Recruitment
    "Research Institute for Humanity and Nature Research Division Aakash Project
    Project Researcher 【Contracted Employee】"

    問い合わせ先
    〒603-8047 京都市北区上賀茂本山 457 番地 4
    総合地球環境学研究所 Aakash プロジェクト研究室(No.2)
    担当:林田佐智子 TEL: 075-707-2277
    E-mail: sachikoh[at]chikyu.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)

  2. 東京都環境科学研究所 非常勤職員の公募

    水環境分野ですが、適任の方がいらっしゃったらご紹介お願いします。

    募集人員:
    非常勤研究員又はテクニカルスタッフ,1名
    専門分野:
    水環境の保全・修復に資する調査研究
    応募資格:
    大学院修士課程修了者(非常勤研究員)または大学学部卒業者(テクニカルスタッフ)であって,水環境分野の実験,研究,開発等の経験を有する者。

    それ以外は以下詳細URLをご参照下さい。
    採用予定日 2021年4月1日以降の早い時期(応相談)
    詳細URL:https://www.tokyokankyo.jp/kankyoken/wp-content/uploads/sites/5/2021/02/a27544c437d4aae0d1bd079889f34482.pdf

  3. 琉球大学理学部助教の公募(分析化学または関連分野)

    琉球大学理学部では下記のとおり助教の募集を行います。

    公募職種
    :助教(年俸制II)
    所属
    :理学部海洋自然科学科化学系
    専門分野
    :分析化学または関連分野
    募集人員
    :1名
    募集期間
    :2021年04月09日 午後5時必着

    詳細は下記ウェブサイトに掲載している公募要領をご参照願います。
    https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121020417&ln_jor=0

  4. 大阪市研究員(市立環境科学研究センター)募集

    大阪市では下記のとおり職員(研究員)の募集を行います。

    採用分野:
    環境汚染物質の測定と保全対策に関する分野 1名
    採用予定日:
    令和3年4月1日
    申込期限:
    令和2年12月25日(大阪市ホームページ「行政オンラインシステム」から申し込み)
    試験日:
    筆記試験 令和3年1月18日
    面接試験 令和3年2月12日(筆記試験合格者のみ)

    詳しくは、下記大阪市ホームページまで
    http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000519240.htm

  5. 2021年度金沢大学環日本海域環境研究センター共同研究・研究集会公募概要
    公募事項:
    当センターの教員を研究分担者として実施する環日本海域に関連する基礎的研究、応用的研究及び学術集会・シンポジウム等の研究集会
    (1)重点共同研究(1,000千円以内/年×1年又は2年)
    (2)一般共同研究(300千円以内)
    (3)若手研究者育成共同研究(300千円以内)
    (4)研究集会(600千円以内)
    研究期間:
    2021年4月1日~2022年3月31日
    ※重点共同研究にあっては、最長2023年3月31日まで。
    申請資格:
    大学及び学術研究機関等に属する研究者若しくは博士後期課程学生。
    (博士後期課程学生は、若手研究者育成共同研究にのみ申請が可能です。)
    申請方法等:
    下記ウェブサイトに掲載している公募要領をご参照願います。
    http://www.ki-net.kanazawa-u.ac.jp/coop/research/

    申請期限:2021年2月15日(月)

  6. 2021年度 産総研イノベーションスクール 第15期スクール生(産総研特別研究員)募集

    産総研イノベーションスクールは、博士号取得者を対象に、専門分野についての深い知見を有しつつ、より広い視野を持ち、豊かな創造性や協調性を有する若手研究者の育成を目的としています。今回は毎年度4月に開校する「イノベーション人材育成コース」の募集です。積極的なご応募をお待ちしております。

    採用人数
    産総研特別研究員(ポスドク)20名程度
    応募詳細
    こちらの募集要項、及び下記の応募案内ホームページを参照下さい
    https://unit.aist.go.jp/innhr/inn-s/index.html
    応募方法
    下記のエントリーサイトから必要書類をダウンロードして下さい
    https://unit.aist.go.jp/innhr/inn-s/PD_course/entry.html
    応募期限
    エントリー: 2021年1月5日(火) 14:00まで
    書類提出 : 2021年1月6日(水) 14:00まで
    問合せ
    国立研究開発法人産業技術総合研究所 イノベーションスクール事務局 採用窓口
    メールアドレス: school-saiyou-ml[at]aist.go.jp([at]を @ に変えて下さい)
  7. 特任助教(博士研究員相当、植物大気分野)の公募

    静岡県立大学大学院 環境科学専攻 植物環境研究室では、特任助教(博士研究員相当)の公募を行っています。関心のある方は是非ご検討ください。

    募集分野:
    植物大気分野
    募集人数:
    1名
    研究内容:
    以下の1と2を予算枠ごと、原則として時間を分けて作業してもらいます。
    1:陽子移動反応質量分析計、GCMSおよび液体クロマトグラフィーを用いたOVOC分析による、植物の新たな大気浄化能の網羅的解析と有機ガス吸収モデルの開発(科研費基盤研究B)
    2:簡易渦集積法を用いたオイルパーム農園のイソプレン放出フラックス測定と、個葉レベルでの放出能力の分析(科研費基盤研究S)
    採用予定時期:
    2021年4月1日
    勤務時間:
    週28時間~35時間の範囲で経験と予算枠に応じて決定
    雇用期間:
    雇用契約は年度毎とし、更新にあたっての最長の期限は採用日から2年とする。
    応募資格:
    博士号を有する者(採用予定日までに取得見込みの者を含む)
    特記事項:
    海外で測定を行うために支障のない英会話能力を有すること。
    応募締切:
    2020年12月15日 正午必着

    応募書類の提出にあたっては、以下のリンク先をご覧ください。
    公募文 http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/plantenv/img/file48.pdf
    書類作成上の注意事項 http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/plantenv/img/file49.pdf
    詳細の問い合わせは主任の谷までご連絡ください。

    静岡県立大学食品栄養科学部環境生命科学科
    大学院環境科学専攻
    植物環境研究室
    教授 谷 晃
    TEL 054-264-5788
    e-mail atani[at]u-shizuoka-ken.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)

  8. 横浜国立大学 大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門 准教授/講師(5年任期テニュアトラック)公募案内
    職名   :
    准教授または講師(5年任期テニュアトラック)
    所属・担当:
    所属:大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門,
    担当:大学院環境情報学府 人工環境専攻,
    兼務:理工学部 化学・生命系学科 化学応用EP
    人数   :
    1名
    採用日  :
    2021年4月1日 またはこれ以降のできるだけ早い時期
    任期   :
    5年間。
    (ただしこの期間の研究・教育実績によりテニュア(任期なし)への審査を検討します。)
    試用期間あり(6カ月とする)
    応募締切 :
    2020年11月13日(必着)詳細はこちらをご覧下さい
    http://www.eis.ynu.ac.jp/hus/envk/24495/
  9. 東京都環境局環境改善部 会計年度任用職員(専門職)の募集

    業務内容は、都のVOC連続測定装置の管理に関する内容が中心です。
    ★応募期間9月4日(日)までで、10月1日(木)より勤務となります。
    詳細は以下をご参照下さい。
    https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/about/recruit.html

  10. 埼玉県環境科学国際センター環境研究職(環境化学分野・常勤職員・地方公務員)の募集。

    環境化学分野(光化学大気汚染(オキシダント)、揮発性有機化合物、大気化学反応等)に関する調査研究、普及啓発に従事します。受付期間は9月30日(水)までで、令和3年4月1日付けでの採用です。
    詳細は以下をご参照下さい。
    https://www.pref.saitama.lg.jp/cess/center/kenkyuin-bosyu2020.html

  11. 教員公募(募集要項
    慶應義塾大学理工学部応用化学科/大学院理工学研究科開放環境科学専攻(環境エネルギー科学分野)の教員を募集中です。
    募集人員:
    助教(有期)  1名
    所  属:
    学部は応用化学科、大学院は開放環境科学専攻(環境エネルギー科学分野)
    専門分野:
    環境化学(大気化学または微粒子工学を基礎として、環境中の微小粒子を含む多様な大気汚染物質の分析および生体影響評価等を行う分野)
    担当授業:
    自然科学実験、応用化学実験Cなどの実験科目、及び化学工学演習などの演習科目
    応募資格:
    着任時に博士の学位を有するか、または取得の見込みがあり、奥田知明教授と協力して教育と研究を遂行できる方。
    着任時期:
    2021年4月1日
    任  期:
    単年度契約とし、双方の合意に基づき契約更新を行う。最長雇用期間は3年間まで。任期後に審査または公募により専任教員として採用することがある。
    詳細はこちらへ: https://www.st.keio.ac.jp/corporations/recruit/20200218_03.html
    問合せ先:慶應義塾大学理工学部応用化学科 奥田知明
    TEL 045-566-1578 E-Mail:okuda[at]applc.keio.ac.jp([at]を @ に変えて下さい)
    https://www.applc.keio.ac.jp/~okuda/
    .
  12. 龍谷大学先端理工学部環境生態工学課程(大気分野)の教員募集
    龍谷大学先端理工学部環境生態工学課程(大気分野)の教員を募集中です。
    募集要項はこちら
    龍谷大学採用情報へのリンクはこちらへ:https://www.ryukoku.ac.jp/employment/
    .
  13. 日本原子力研究開発機構廃炉国際共同研究センター(CLADS)
    令和2年度「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」公募の募集期間延長のご案内(締切:2020/5/14)

    先般ご案内しました令和2年度「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」の新規課題の募集につきまして、令和2年4月7日に新型コロナウィルス「緊急事態宣言」が発令されたことを踏まえ、提案書類受付期間を5月14日まで延長します。提案書類受付期間が延長となりますので、若手研究者を含む研究者の方々からの積極的な応募をよろしくお願いします。

    《募集期間:令和2年3月17日~令和2年5月14日》
    下記ご参照の上、本公募への応募をご検討くださいますよう宜しくお願いいたします。
    ・募集概要(日本原子力研究開発機構ホームページ)https://fukushima.jaea.go.jp/hairo/task/
    .
  14. (公財)環境科学技術研究所任期付研究員募集
    環境中における放射性核種の移行モデルに関する研究に従事する方を募集します。
    採用予定人員:1名
    締切:令和2年6月1日(月) 必着
    詳細:http://www.ies.or.jp/profile_j/profile108_20200601.html
    .
  15. 令和2年度地球シミュレータ特別推進課題(成果創出加速)の募集
    国立研究開発法人海洋研究開発機構では、スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」の特別推進課題(成果創出加速)を募集いたします。「地球シミュレータ特別推進課題」は、画期的な成果創出の加速を目的として実施するものです。新たなイノベーション創出や、関連する国の政策等の実現に貢献可能な課題提案も歓迎します。また、若手研究者(*)による課題応募も歓迎します。

    (*)参考:
    https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/01_seido/01_shumoku/index.html

    各課題ごとにサポート要員を配し,きめ細やかな支援を実施しています。申請に向けたご相談もお気軽にお問い合わせください。みなさまからのご応募をお待ちしております。

     ■応募受付: 随時

    詳細は以下のURLをご覧ください。
    http://www.jamstec.go.jp/es/jp/project/r02sp.html

    問い合わせ先:
     国立研究開発法人海洋研究開発機構
     付加価値情報創生部門地球情報基盤センター
     計算機システム技術運用グループ ES公募係
     電話:045-778-5770
     E-mail: es_oubo[at]jamstec.go.jpaa([at]を @ に変えて下さい)
    .
  16. 令和2年度地球シミュレータ特別推進課題(イノベーション推進)の募集
    国立研究開発法人海洋研究開発機構では、スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」の特別推進課題(イノベーション推進)を募集いたします。「地球シミュレータ特別推進課題」は、「地球シミュレータ」をイノベーション創出にも資する目的で、地球シミュレータ運営基本方針に基づき広く利用の機会を開くものです。また、将来的にイノベーション創出に資するであろう、萌芽的な課題についても提案を受け入れます。各課題ごとにサポート要員を配し,きめ細やかな支援を実施しています。申請に向けたご相談もお気軽にお問い合わせください。みなさまからのご応募をお待ちしております。

     ■応募受付: 随時

    詳細は以下のURLをご覧ください。
    http://www.jamstec.go.jp/es/jp/project/r02inv.html

    問い合わせ先:
     国立研究開発法人海洋研究開発機構
     付加価値情報創生部門地球情報基盤センター
     計算機システム技術運用グループ ES公募係
     電話:045-778-5770
     E-mail: es_oubo[at]jamstec.go.jp([at]を @ に変えて下さい)
    .
  17. 日本原子力研究開発機構廃炉国際共同研究センター(CLADS)
    令和2年度「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」
    公募のご案内(締切:2020/4/14)

    令和2年度「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」の新規課題の募集を開始します。
    《募集期間:令和2年3月17日~令和2年4月14日》
    下記ご参照の上、本公募への応募をご検討くださいますよう宜しくお願いいたします。
    ・募集概要(日本原子力研究開発機構ホームページ)https://fukushima.jaea.go.jp/hairo/task/
    英知事業パンフレット
    .
  18. 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構における採用試験(令和3年度採用)の募集を開始
    リンク先:http://www.hro.or.jp/hro/recruit/recruit/index.html
    .
  19. 環境省 水・大気環境局 総務課(国際協力・コベネフィット型対策を担当する職員)任期付職員公募
    環境省では、環境行政にいかせる豊富な業務経験や知見を有する方を任期の定めのある職員として採用します。

    ◆勤務地
    環境省 本省
    ◆採用予定時期
    ◆令和2年5月1日(予定)
    (各種手続きにより採用日が前後する可能性があります)
    ◆応募締切
    令和2年3月5日(木)必着
    ◆配属される部署、採用予定人数、
    応募資格、応募方法、選考方法等
    以下のホームページをご参照下さい。
     http://www.env.go.jp/guide/saiyo/cat_x2/post_32.html
    ◆問合せ先
    大臣官房秘書課 採用担当
    電話:03-5521-8207
    .
  20. (公財)鉄鋼環境基金 第41回環境助成研究募集
    ◆募集期間
    2020年4月1日~5月31日
    ◆決定時期
    技術委員会の審査を経て10月下旬頃の理事会で決定。
    ◎一般研究助成:日本国内にある組織に所属する研究者。
    ◎若手研究助成:日本国内にある組織に所属する研究者で、本年4月1日現在満年齢39歳以下の者。(詳細事項につき募集要項を参照)
    応募は一人一件。
    ◆助成対象研究
     鉄鋼製造に関連する環境保全技術課題に関する研究。若手研究助成はより基礎的な研究も対象。
    ◆助成件数・金額
    50~60件程度
    ◎ 一般研究助成:150万円/年以下。
    ◎ 若手研究助成:100万円/年以下。
     詳細は鉄鋼環境基金ホームページに3月中旬掲載の募集要綱を参照。
     URL:http://www.sept.or.jp/
    .
  21. 名古屋大学大学院環境学研究科 気候科学講座 准教授 1名
    着任時期:2020年4月1日
    詳細:添付ファイル参照
    .
  22. [JST/JICA] 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) 令和2年度 研究提案募集開始
    詳細: http://www.jst.go.jp/global/koubo.html
    .
  23. 令和元年度地球シミュレータ特別推進課題(成果創出加速)の募集
    応募受付:令和元年8月1日開始
    詳細: http://www.jamstec.go.jp/es/jp/project/r01sp.html
    .
  24. 笹川科学研究助成の募集
    募集条件
    学術研究部門:大学院生、35歳以下の若手研究者
    実践研究部門:学校・NPO職員他
    申請:2019年9月17日~10月16日
    詳細:https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/
    .
  25. 東京電機大学工学部機械工学科、教授もしくは准教授の公募
    専門分野:熱工学および環境工学関連(燃焼・伝熱・熱機関)
    締切:令和元年10月31日
    詳細:https://www.dendai.ac.jp/recruit/e5vdec00000078fj-att/e5vdec000001p95j.pdf
    .
  26. [JST/JICA] 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)令和2年度 研究提案募集
    募集期間:令和元9月中旬~令和元年11月中旬予定
    詳細:http://www.jst.go.jp/global/koubo.html
    .