大気環境学会倫理綱領

(平成16年10月19日 理事会制定)
(平成22年 5月20日 理事会確認)
(平成26年11月27日、字句修正の上、理事会確認)

前文

 21世紀は環境の世紀と言われ、社会における環境研究の重要性はきわめて大きくなっている。
それとともに、環境問題が複合化して環境研究の重要性は問題解決のためにますます高まってきた。大気環境学会は、その前身である大気汚染研究全国協議会として1959年に発足した。その設立呼びかけにある通り、当時急激に深刻化していた国内の大気汚染問題を解決するために、本学会は、産業の発達にともなう都市と自然環境の間の社会的関連性、産業相互間の相克の課題を解決し、それとともに、人体への影響の程度とその決定評価方法、汚染防止の方法と経済性の問題、汚染物質の拡散機構の解明など、単に一分野に止まらない広汎な学問領域に関わる研究者が、ともに協力してこの問題に当るべき学際的研究団体として設立された1)。その底には、大気汚染問題を科学的合理的に解決する課題を追求するための一致した目的をもっていた。

 この理念は、1995年にその名称を大気環境学会に変更した時点においても変わらず、さらに、その研究対象は大気汚染問題のみに止まらず、より広汎、かつ、複雑化した大気環境科学全般にわたるものとなっている。

 大気環境学会は、大気環境科学に関する諸領域に属する科学者・技術者、および、これに関心を有する者の学際的学術団体であって、その目的として定款には、「本会は、大気環境に関する学術的な調査および研究並びに知識の普及を図り、大気環境保全のために貢献する」ことを掲げている2)

 大気環境学会が、このたび、「大気環境学会倫理綱領」を制定するのは、会員である専門研究者が、国民の行動規範の根拠となる資料を提供する責務があることを自覚し、現在および未来社会に対する使命と責任の重大さを認識したもので、学会総会の決意として、これを承認、公表する。

本文

A. 学会組織を対象としたもの

  1. 本学会は、現在および未来の地球社会に対する使命と責任の重大さを認識し、その研究・調査活動を通じて大気環境問題の解決に貢献する。
  2. 本学会は、行政活動・産業活動・市民活動と協力し、科学的かつ客観的立場に立って大気
    環境保全のために貢献する。
  3. 本学会は、大気環境に関する学問的立場から、総合的学際的にその客観的データ、情報を提供し、国際社会、政府公共機関に対して積極的提言を行う社会的責任を持つ。
  4. 本学会は、大気環境科学に関する活動に関して、国際的協力を積極的に行う。
  5. 本学会は、大気環境に関する知識の普及を通じて、一般市民、ことに、未来社会に対する教育啓蒙活動を行う。
  6. 本学会は、公共的な環境データの科学的合理的管理保持の努力を行う。
  7. 本学会は、研究者として社会の負託に応え、得られた研究成果の取り扱いに関して不合理な圧力に抗する会員の働きを支援する。

B. 会員個人を対象としたもの

  1. 会員は、品位の向上維持につとめ、学会の名誉を傷つけてはならない。
  2. 会員は、大気環境研究の分野における専門家として、その職務遂行において、一般市民の安全、健康と福利の増進、地域環境および地球環境の回復・再生・保全を優先する。
  3. 会員は、研究ならびに技術活動の結果に真摯に対応し、他者の研究ならびに技術活動の成果を尊重するとともに、相互批判することによって、それを科学的合理的に評価することに努める。
  4. 会員は、活動の成果が専門家のみのものに止まらず、社会の共通財産であることを認識し、国民に対する情報公開に努める。
  5. 会員は、著作権、特許等の知的財産権を尊重する。
  6. 会員は、専門家として自己研鑚に努めるとともに、他の研究者・技術者の能力向上に協力する。
  7. 会員は、公共的活動に専門家として参加する場合、その負託に応え、社会的責任を重んじる。
  8. 会員は、すべての人の人種、国籍、宗教、年齢、性別、障碍にとらわれることなく、個人の生命、安全、人格を尊重する。

参考文献

1) 氷見康二、八巻直臣、鈴木武夫、大気汚染学会誌、24, No.5,6, 327 (1989).
2) (公社)大気環境学会定款第3条.

このページの先頭に戻る